T&C ティー・アンド・シー株式会社

Businesses

事業内容

システム開発/コンサルティング

システム開発
部門

System Development

システム開発について

システム開発の現場で培った技術と豊富な経験(スキル・ノウハウ)を有するプロフェッショナル集団が様々なITニーズにお応え致します。

今日においてはITニーズの実現に向けたアプローチが多様化しています。
お客様の要望に最も適したアプローチ(方法論)に柔軟に対応してまいります。

(画像クリックで拡大表示、「戻る」で記事が再表示されます)

システム開発業務の内容

01 業務アプリケーション開発
システム開発は大まかな括りとして、お客様のニーズ(要件)の取りまとめから始まり、開発計画の策定、開発(設計・実装・テスト等)、開発過程での管理などがあり、各分野で必要となる技術も異なりますが、全工程に関する一貫したシステム開発及び開発支援を提供しております。
また、業務アプリケーション開発に欠かせないのが業務知識ですが、特に金融業務に関しては豊富な知識を有しており、数々のシステム開発での実績を積んでおります。
02 インフラ(環境)構築
インフラ構築では、ネットワークやサーバなどのIT環境構築に当たりセキュリティ対策・冗長化構成の設計を業務特性や規模・求められるスループットに応じて提案・構築いたします。
耐障害性を向上させる方法も技術の進歩と共に適用すべき技術も変わってきております。例えば、予備のネットワークやサーバ機器を常備しておくことで耐障害性は向上させることはできますが、クラウド環境を構築することで抜本的な障害リスク回避が可能となります。
弊社においてはITインフラに関わるお客様からの非機能要件を伺い、ITインフラの構想立案から具体的な構築・運用・保守に至るまでの一貫したサービスを提供しております。

コンサルティング
部門

IT Consulting

ITコンサルティングについて

ITコンサルタントの仕事はクライアントのIT戦略策定、現在稼働しているシステムの評価・分析、システム開発中のプロジェクトの管理・評価・課題の洗い出し等、多岐にわたります。
弊社においては、長年携わってきたシステム開発を通して得た開発マネジメントの経験を活かしクライアントの求めるシステム造りをご支援すると共に最適解をご提案致します。

(画像クリックで拡大表示、「戻る」で記事が再表示されます)

ITコンサルティング
業務の内容

01 ITシステムの評価
ITシステムの評価とは、当該システムが前提としているIT技術と最新技術との比較評価、業務アプリケーションロジックの保守性、法的規制との整合性、新たな要件を吸収するためのコスト面での評価などを行います。
また、そのシステムが将来的な資産としての価値を持続できるかなどの判断も行います。
・利用されているIT技術の評価
当該システムに求められる非機能要件実現に向けて現在使用されている技術で実現できるか、或いは要員が確保できるか、などの観点で評価します。
・保守性の評価
長年のシステム更改を通じてロジックが複雑化し、新たな要件変更に際し整合性のある改造がコスト面を含め可能か、ドキュメントの整備が継続的に行われてきたか等の評価を行います。
02 提出された提案書の評価
一般的にベンダに提案を求める際には、まず、提案依頼書(RFP)と評価軸を作成します。
RFP作成および評価軸作成にあたっては、ITの専門知識や開発経験に裏付けられた観点より、提案者から提出された提案書をあらかじめ作成した評価軸で到達度を評価し、実装可能性評価も含めご報告します。
03 開発プロジェクトの管理・評価
開発プロジェクトの適正な運用に際しては、進捗管理(期間と進捗度、コストと進捗度)、課題管理等の定量的な管理と結果に対する定量的・定性的分析、品質管理(テストの網羅性と障害密度)面での定量的な管理と結果に対する定量的・定性的分析がPMOの主な役割となります。これらの管理・分析結果をPMにエスカレーションしプロジェクトマネジメントに活かすことが重要であり、弊社の大事な役割と捉えています。
また、これらの活動は開発の依頼側、実施側双方に対し求められ、弊社としては豊富な開発経験及び管理経験を基に双方のお立場へご支援させて頂きます。

T&Cでは新規事業開発や技術研究も行っております。

新規事業開発についてはこちら

このページの先頭へ