T&C ティー・アンド・シー株式会社

New Businesses

新規事業開発

新規事業開発

New Businesses

新しいビジネスモデルを目指して

社会の変化と共にITを取り巻く環境は、日々変化し、製品・サービスなどそれまで会社を支えていたビジネスモデルの短命化が危惧され、新しい技術(AI等)を用いたサービス、新しい開発技法を掘り起こし、次代の柱を成すビジネスの創出を目指しています。

その為には経営者だけではなく、社員の積極的な参加意識が不可欠であり、多彩な学識経験を有する人材の採用を進めています。

弊社は創立からすでに20年以上の安定した経営基盤と実績を有している企業体であり、いわゆるスタートアップ企業ではありません。
あえて言えば経営余力をニュービジネスの企画・開発に集中投資して、長いスパンでビジネスの芽を育てる立場をとっている企業になります。

また、過去の経験(ノウハウ)・知財を新しい考え方や技術で再構築(再構成)し、従来には無かった新しい価値を創造することを目指しています。

具体的な研究テーマ

01 ビックデータとAI技術の組合せによる高付加価値サービスの提供
すでに先端技術分野での技術者を抱え、お客様に対する若手技術者の派遣実績をつんでいます。
特にPMO分野では公認情報システム監査人(※CISA)の有資格者による情報システム監査、デジタル化された開発工程毎のデータを用いた品質・進捗の分析や開発における将来予測などもPMOサービスの一環として提供しようとしています。
※CISA:情報システムコントロール協会:ISACAが認定する国際資格
02 開発技法の深化
定義体(リポジトリ)と設計書解析技術(AI技術)によるプログラミング作業からの解放、属人的な開発方法論からの脱却を目指して、現在、研究を進めています。

これまで個別にプログラミングを行っておりましたが、属人的な開発方法であり品質のばらつきを避けることができませんでした。
そこで標準化されたプログラムの自動生成に向けた研究を進めております。実施できた際には、開発期間、コストが減少すると言ったメリットがあります。
このページの先頭へ